引越しのとき気をつけること記事一覧

引越しで部屋の明け渡しをする場合、大家さんや不動産業者に事前にコンタクトをとることです。この時いついつの何時ごろに引越しの作業が終わるかを伝えておきましょう。作業が終わったところで、ざっと部屋の中の掃除を行います。私も経験があるのですが、ちょっとした小物を運び忘れることがありました。忘れ物の確認をする意味でも、部屋のクリーニングを最後にもう一度行った方が良いと思います。そして大家さんに来てもらって...
敷金の返還トラブルはしばしば耳にしますが、その中でも多いのはハウスクリーニングをどちらが負担するかです。実は契約書を見てみると、特記事項として「ハウスクリーニングの代金は借主が負担すること」と書かれているケースが多いです。しかし通常の部屋使用をしていて、通常の掃除であればハウスクリーニングは貸主の負担となります。これは国土交通省のガイドラインの中でも明記されていることで、特記事項が書かれていてサイ...
私は独身なので経験がないですが、夫婦で暮らしている家庭の中には引越しするときに妻が妊娠したというケースもあるかもしれません。この場合、妊娠中の方が産後に引越しをするよりもいろいろな面で負担は軽減されるでしょう。産後に引越しをする場合、いくつかネックになるポイントがあるからです。産後に引越しをするとなると、赤ちゃんの面倒を見なければなりません。おむつを取り替えないといけないでしょうし、何時間かおきに...
新居が決まったら、下見をして生活することになった場合のシミュレーションをしましょう。この時ポイントになるのは、主に3つのことです。1つ目は部屋の間取りの確認をすることです。たとえば「この部屋にはこの家具を入れたい」とおぼろげながらイメージしている人もいるはずです。この時家具が部屋の中にはいるかを事前に確認しておきましょう。私も一度失敗したことがあって、自分がとある家具を入れたいと思っていたのですが...
海外であれば話はわかるかもしれませんが、実は日本国内でも地域によって引越しをすると家電が一部使えなくなることがあります。私は一度関西地方から関東に出てきたことがあったのですが、電子レンジが急に動かなくなって、パニックになったことがありました。なぜこのようなことが起きるのか、それは電力会社から供給される周波数が異なることに関係しています。日本では、50Hzと60Hzという異なる2種類の周波数が使われ...
最近では都会を中心として、引越しの挨拶をすることは少なくなってきています。しかし家族連れで引っ越す場合とか、一軒家に住むことになれば隣近所への挨拶をした方が良いです。挨拶のタイミングですが、引越し当日に行えば問題はないでしょう。ただし仕事に出ているなどの関係で、引越し当日留守でコンタクトが取れないことも十分考えられます。その場合には、引越ししてから2〜3日以内に行うのがマナーだと思いましょう。引越...
海外に引越しをする場合、荷造りなどの準備の他にもいろいろと公的な手続きを済ませる必要があります。まず何と言っても海外転出届を提出しないといけません。手続きは比較的簡単で、住民登録窓口に出向き移動届に必要事項を記入すること、申し込み時にパスポートを持参することだけです。海外転出届を出すと、期間中の国民年金と国民保険の支払い義務がなくなります。ただし帰国した時に住民票がなくなってしまいます。そこで新し...