見積もりを取って比較すると圧倒的に安いのが「赤帽」

単身で引越しをしようと思う場合、見積もりを取って比較すると圧倒的に安いのが「赤帽」です。

 

赤帽が低料金を実現できる秘訣は、人件費をぎりぎりまで節約していることにあります。

 

赤帽で働いている人はすべて個人事業主で、引っ越しで利用されるトラックも個人所有のものです。

 

そのため配送車を手配する必要がありません。

 

多くの引越し業者が2人ないし3人で作業に当たるのに対し、赤帽の作業員は基本的に一人で、梱包や荷ほどきなどは一切行いません

 

これにより人件費を大幅に抑えることが可能となります。また引越しに伴う養生なども依頼主がすべて行い、赤帽の作業員は荷物の積み下ろしだけに専念します。

 

その際に重い荷物があれば、依頼した人も手伝うことが必要です。赤帽の輸送手段は基本的に軽トラックです。

 

そのため、2トン以上のトラックを利用する他の業者と比べて燃料費を安く抑えることができるのです。

 

引越しに必要な段ボールなどを準備したり、エアコンの取り付け作業を行う業者もあるものの、赤帽ではそうした追加のサービスをせずにできるだけ短時間で作業を終えることで価格を下げています。

 

赤帽の課金システムは「距離」と「時間」という二つの柱から成り立っていて、より安いほうの料金を請求します。長距離の移動が必要な場合には「距離」を基準として、一方近距離の引越しであれば「時間」をベースにして料金が決まります。

 

新居が近い場合には2、3時間の間に何往復しても値段は変わりません。

 

単身の引越しであればすべての料金込みで1万円以下で済むケースもあります。

 

先述のとおり赤帽は個人事業主の組合ですから、同じ地区の赤帽でも値段が異なる場合があります。

 

ですから数軒の赤帽から見積もりを取ってよりお得な料金プランを探してみるのも良い方法ですよ。