引っ越しのときやっておきたい手続きまとめ記事一覧

学齢期の子供を持つ方たちが引越しの時に悩むのが転校・転園手続きです。年齢に関わりなくまず取り組むべきなのは在学・在園証明書を取得すること、そして転校・転園先に空きがあるかを確認することです。公立の小・中学校に通っている場合は、学校から在学証明書と教科書交付証明書、自治体から転出証明書を交付してもらいます。これらの書類を引越し先の役場に提出すると入学通知書を受け取ることができます。これらをすべてそろ...
引越しをして異なる自治体に自宅が移動する場合には、転出届を提出する必要があります。転出届を出すルールは決まっていて、引越し日の14日前から受け付けています。作業もいろいろと大変だと思いますが、間を縫って役所で手続きをしておきましょう。転出届を提出すると、転出証明書と呼ばれる書類が役場から発行されます。これは引越し先の自治体で手続きをする時に必要になります。転出届の手続きをする際には、本人確認書類と...
引越しをしたらなるべく早いうちに、転入届の手続きを済ませておきましょう。というのも転入届を出すタイミングが決まっていて、引っ越してから14日以内に行わないといけない決まりになっているからです。厳密に言えば14日後以降でも手続きはできます。ただし裁判所から過料を取られてしまうこともありますから、損したくなければ手続きを早めに済ませた方が良いわけです。転入届の手続きですが、新居のある市区町村役場で行い...
引越しをしたときに、国民健康保険に加入している人は資格喪失手続と加入手続きを済まさないといけません。私の場合は個人事業主として活動していますので、国民健康保険に加入しており、引越しをする時にはいちいち手続きをする必要があります。個人事業主の他にも、会社員や公務員など特定の会社に在籍して仕事をしていない人は国民健康保険だと思います。まず旧住居を出るときに、資格喪失手続を行いますがこのとき保険証や印鑑...
印鑑登録をしている人で、異なる市町村に引っ越しをする場合には現在の印鑑登録の廃止届を出してから、新しく引っ越す自治体で印鑑登録手続きをしなければなりません。ちなみに引越しをする場合でも、同一の市区町村に移動する場合には印鑑登録の必要はないです。転居届を役所に出すと思いますが、この時印鑑登録の住所も変更されるからです。印鑑登録の廃止届を提出するためには、転出届を旧居の役場に出します。すると印鑑登録廃...
子どもを抱えている家庭で、児童手当を受給している人もいるでしょう。もし児童手当の給付を受けている人が、異なる市区町村に引っ越しをする場合、手続きをしておかないと手当を受け取ることができなくなりますので注意しましょう。異なる自治体に引っ越しする場合には、現在住んでいる市区町村役場にて、児童手当受給事由消滅届を出さないといけません。ちなみにこの時、所得課税証明書というものが役場から発行されると思います...
バイクを所有している人が引越しをする場合、住所変更の手続きをしておく必要があります。しかも同じ市区町村かどうか、どのクラスのバイクの住所変更をするのかによって、流れも変わってきます。もし原付バイクであれば、同じ市区町村であれば特別何かする必要はないです。他の市区町村に引っ越しする場合、まず旧住所でナンバープレートの返納手続きをして、廃車申告受付書をもらいます。この時ナンバープレートの他にも、標識交...
引越しすることが決まったら、電力会社に電話を入れて住所変更の手続きをしなければなりません。連絡のタイミングですが、当日でも間に合う場合があるようです。でも余裕を持って、引越し予定日の1〜2週間前までに済ませておくと安心です。手続きをする際に、現在の住所と引越し先の住所、引越しの日時、皆さんの名前、お客様番号が必要です。お客様番号は一般の人にはあまりなじみがないかもしれません。領収書などに番号が記載...
引越しをする場合、旧居のガスの使用中止手続きを、そして新居のガスの使用開始手続きをする必要があります。ガスの手続きですが、できれば早いうちに済ませておいた方がいいでしょう。目安としては、引越しの1〜2週間前です。かなり早いと思うかもしれませんが、2週間を切るとほかにもいろいろとやるべき作業が生まれるのでてんてこまいになるからです。もしうっかり忘れていたのであれば、2日前までにせめて変更手続きを完了...
引越しをするのであれば、大事なライフラインの一つ・水道の手続きをしなければなりません。流れとしては現在の部屋の水道の使用中止手続きをして、新居の水道の使用開始手続きをします。水道の使用中止手続きですが、最悪引越し予定日の2日前までに行いましょう。できれば1週間くらい前までに手続きを行うと安心です。使用中止手続きの時には、契約者の名前と現在と引越し先の住所、電話番号、引越しの日時、お客様番号が必要で...
引越しの手続きの中には、郵便局に対するものもあります。転居届というものを提出するのですが、これをしておくと引っ越してから向こう1年間、旧住所に来た郵便物を無料で新住所に転送してもらえます。1年経過すると転送サービスは消滅しますが、もし同じ手続きを事前に行っておけば、さらに1年間の転送サービスの更新も無料で実施してくれます。私も引越しの経験があるのですが、親しい人には引っ越すことや新しい住所を伝えら...
もし自宅でパソコンを使っていて、インターネット通信を利用しているのであれば、引越しにあたって住所変更の手続きをします。皆さんが加入しているインターネットプロバイダで変更手続きを行いますが、プロバイダごとで若干その手続きが異なるようです。ホームページに流れが書かれていると思いますので、こちらでまずは確認しましょう。インターネットプロバイダの申請ですが、引越しの4週間前、少なくても2週間くらいまでに手...
自宅に固定電話があれば、引越しをするにあたって住所変更の手続きを済ませておかないといけません。電話の移転手続きですが、引越し予定日の1〜2週間前までには済ませておきたいところです。NTTの固定電話を利用している人が多いと思います。この場合、インターネットを介しての他にも、116の電話番号で手続きができます。手続きをする際に、契約者の名前と現在の電話番号、引越し前後の住所、新居で電話を開通する希望日...
給料の振込口座や貯蓄をするために、銀行と取引している人もいるでしょう。銀行も引っ越した場合には、住所変更の手続きを済ませておく必要があります。銀行の住所変更の申請ですが、いつまでに行わないといけないということはないです。引越しした後部屋の整理などいろいろとドタバタしてしまうので、案外後回しにされがちです。ですから引っ越す前の段階で手続きをした方が良いと思います。ただし引っ越す前にそのようなチャンス...
各種保険に加入している人は、早めに住所変更の手続きをすべきです。公的な手続きとは違って保険の場合、いついつまでに行わないといけないといったルールは特別ありません。しかし早めに変更しておかないと、ついうっかり忘れてしまうこともあります。そして不慮のアクシデントで保険申請をしたときに、住所が違ってトラブルになることも考えられます。特にマイホームを購入して、火災保険や地震保険に加入している人は注意しまし...
社会人になると、一枚はクレジットカードを持っている人も多いでしょう。引越ししたら、クレジットカードの住所変更手続きを早めに行った方が良いです。例えばクレジットカードの利用明細書は手紙で郵送されます。届かないとカードでいくら使ったか確認ができません。フィッシングなどで不正に皆さんのクレジットカードが利用されていても、なかなか気付けないです。またカードには有効期限があり、その時期が近付くとこれまた新し...