WIMAX2を申し込むならネット代理店

WIMAX2+ルーター比較ランキング

Speed Wi-Fi NEXT W03(wimax)の特徴について

Speed Wi-Fi NEXT W03は超高速通信が可能になるwimaxのルーターです。一般的なwimax用ルーターは、wimax2+による接続時の下り220Mbps(キャリアアグリゲーション時)が最大通信速度になっています。最大通信速度はこれでも十分速く、光回線並といっても過言ではありません。動画もオンラインゲームも問題なく楽しめる速度だと思います。

 

しかし、Speed Wi-Fi NEXT W03はキャリアアグリゲーションに加え、4G LTEのバンドを束ねることで下り最大370Mbpsもの超高速通信を実現しています。wimax2+の通信速度を150Mbpsも超えるため、更に高速なネット回線を利用できます。4GLTE未対応エリアでも下り最大110〜220Mbpsの通信を行えますので、通信速度にこだわるなら候補に入れておきたいルーターです。

 

また、対応したスマホをルーター本体にかざせば、スマホをすぐにWi-Fi設定できます。対応端末に限られますが、IDやパスワードの入力が不要で、簡単にネットへ接続できるのが特徴です。ルーター本体にも大型のカラー液晶が搭載されているため、視覚的な操作が可能になっています。

 

無線LAN規格は11acに対応しており、スムーズな通信を実現しています。11acに対応した機器と利用環境の制約がありますが、高速通信を利用したい場合に便利な規格です。11acに対応したWi-Fiルーターは意外と少ないため、これだけでも選ぶ価値があると言えるでしょう。

 

 

Speed Wi-Fi NEXT WX02(wimax)の特徴について

Speed Wi-Fi NEXT WX02は省電力性能に優れたwimaxのルーターです。バランスモードとエコモードの2種類のバッテリーモードが搭載されています。特に省電力モードであるエコモードでは、Wi-Fi接続時に最大10時間の連続通信が可能で、バッテリー残量をほぼ気にせずにネットを利用できるのが魅力です。

 

Bluetooth接続にも対応しており、エコモードで接続すれば最大12時間の連続通信が可能になるなど、よりバッテリーを長持ちさせることができます。Bluetooth対応端末であれば、エコモードにBluetooth接続を利用すると良いでしょう。利用状況にもよりますが、半日程度ネットへ接続できるのは大きな強みだと思います。休止状態からも約5秒で起動するクイック起動にも対応しています。

 

また、スマホの専用アプリからのリモート操作に対応しています。Speed Wi-Fi NEXT WX02本体を操作せずに、離れた場所からWi-Fiのオン・オフ、Bluetoothへの切り替えなどが可能です。ルーター本体をバッグの中に入れたままでも、アプリでバッテリーの残量・電波の強度をチェックできます。スマホ一つで操作できるのは魅力的だと思います。

 

クレードルを使用すればホームルーターとしても使えるなど、総合的なパフォーマンスに優れたルーターです。バッテリーの残量を気にせず使いたい方、Bluetoothで接続をしたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

Speed Wi-Fi NEXT W02(wimax)の特徴について

Speed Wi-Fi NEXT W02はクイック起動が特徴のwimax専用ルーターです。ボタン一つでクイック起動が可能ですが、起動時間はおよそ5秒と、非常に高速なのが魅力となっています。バッテリー節約のため、こまめにルーターの電源をオフにしたとしても、すぐネットに接続できるのは大きなメリットになります。

 

キャリアアグリゲーション対応のため、下り最大220Mbps(wimax2+の場合)による通信が可能です。利用環境にもよりますが、動画を快適に楽しみたい場合、すぐダウンロードしたい場合などは非常に魅力的な回線速度だと思います。未対応の環境下でも下り最大110Mbpsでの通信を行えます。

 

Speed Wi-Fi NEXT W02本体には、2.4インチのタッチパネルが搭載されています。カラー表示で見やすく、カンタン設定機能を使えば、スマホなどの端末との接続もすぐ行えます。難しい操作が必要なく、直感的に利用できるのが特徴です。機器の設定が苦手な方でも迷わず設定できるのではないかと思います。

 

また、他のモバイルWi-Fiルーターよりも省電力機能に優れています。特にポイントとも言えるのがノーマル機能です。これは電池の残量によってキャリアアグリゲーションのオン・オフを切り替える機能で、自動でバッテリーを節約してくれます。この機能により、バッテリーの残量をほとんど気にせずネットに接続できます。特に外出先で使う際は重宝するのではないでしょうか。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX01(wimax)の特徴について

Speed Wi-Fi NEXT WX01は、Bluetoothによるテザリングに対応したwimaxのルーターです。一般的なモバイルWi-Fiルーターは、主に無線LAN(Wi-Fi)を介してネットへ接続します。Speed Wi-Fi NEXT WX01もWi-Fiに対応していますが、Bluetoothによる接続も可能な点が大きな特徴です。Bluetooth対応機器からでも、手軽にネット接続が可能になっています。

 

コンパクトな本体サイズもポイントと言えます。重さは97gと軽く、大きさは縦が6.6cm、横10.9cm、厚みは9mmと非常に小さくなっており、持ち運びやすい点が魅力です。特に厚さはたったの9mmしかなく、他のWi-Fiルーターと比べても薄さが際だっています。

 

一方でバッテリーの駆動時間にも長けており、省電力モードのwimax2+なら最長8.6時間の通信が可能で、wimaxなら約13時間と、半日程度使えるのが魅力です。特に外出先で利用する場合は、Speed Wi-Fi NEXT WX01のバッテリーの持ちが大きなメリットとなるでしょう。別途充電器を持ち歩く機会も減らせます。

 

通信速度はwimaxが下り最大13.3Mbps、wimax2+が最大220Mbpsです。高速通信が可能な一方、無線LAN規格11acにも対応しています。wimaxハイパワーも搭載しているため、電波の受信感度にも優れています。気軽に持ち運べるwimaxルーターを探しているなら、Speed Wi-Fi NEXT WX01を選ぶと良いでしょう。

 

Speed Wi-Fi NEXT W01(wimax)の特徴について

Speed Wi-Fi NEXT W01は、簡単操作で使いやすいwimax用ルーターです。特に初めてモバイルWi-Fiルーターを購入する方に向いているかと思います。ルーター本体には2.4インチの大型のカラータッチパネルが搭載されており、指でタッチしながら操作できる点が特徴です。ボタンを押したりする必要が無く、簡単設定、クイック起動などの機能も搭載されています。

 

Speed Wi-Fi NEXT W01はキャリアアグリゲーション技術に対応しており、回線をwimax2+にすれば下り最大220Mbpsの高速通信が可能です。キャリアアグリゲーションの対応エリアでなければいけませんが、それ以外のエリアでも最大110Mbpsの通信を行えます。回線速度が速いため動画の視聴やダウンロードも快適です。

 

また、スマホやタブレットに専用アプリをインストールすれば、ルーター本体のリモートコントロールができます。例えばクレードルにSpeed Wi-Fi NEXT W01を設置して利用すれば、充電しながらスマホで本体操作を行うことも可能です。クレードルを使えば有線LAN接続ができるため、ホームルーター替わりになります。

 

通信モードは、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの2種類に対応しています。いずれも簡単に切り替えできますので、エリアに応じて使い分けても良いでしょう。本体もコンパクトなため、外出時に持ち運んで使うこともできます。

 

URoad-Home2+(wimax)の特徴について

URoad-Home2+は、wimax2+に対応したホームルーターです。wimaxハイパワーにも対応しており、電波感度の良さも特徴となっています。あまり見られないwimaxのホームルーターですので、自宅で固定回線の替わりに使いたい方は候補になるかと思います。

 

URoad-Home2+は下り最大110Mbpsで通信が可能です。有線LANと無線LANの2種類を利用可能なため、例えばパソコンは有線接続、タブレットは無線接続など、機器に応じて接続方法を選べます。有線LANポートは2つの機器を、無線LANは16台もの機器を同時接続可能で、最大18台をURoad-Home2+一つでネットに繋げるのが魅力です。無線LANは11a/b/g/nの4種類に対応していますので、ほとんどの機器を接続できます。

 

本体サイズは縦17cm、横14cm、奥行き5.3cmとコンパクトになっており、重さはアンテナ込みで311gです。自宅内なら持ち運びやすいサイズがメリットと言えます。ただし、本体にはバッテリーが搭載されておらず、電源はアダプタのみとなります。そのため外での利用が難しい点に注意しておきましょう。

 

URoad-Home2+は自宅でwimaxを接続したい方はもちろん、ホーム用ルーターを検討中の方にもぴったりです。外付けアンテナ搭載で屋内でも繋がりやすいため、快適にネットを楽しみたい方にもおすすめできます。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15(wimax)の特徴について

Wi-Fi WALKER WIMAX2+ HWD15は、3つの通信モードに対応のwimax用のルーターです。wimax、wimax2+、auの4G LTEの3種類の回線を切り替えて使うことが可能になっています。電波状況や利用エリアに応じて簡単に切り替えできるため、出張や旅行など、様々な場所へ移動する機会が多い方に向いています。例えば普段はwimax2+、auのエリア内なら4G LTEなど、状況に合わせて通信モードを切り替える使い方ができます。

 

また、連続通信時間は最大で11時間になっており、バッテリーの持ちの良さも魅力と言えます。もちろん利用状況・通信モードによりますが、長時間連続通信が可能なため、バッテリーの残量をほとんど気にせず使えるでしょう。スマホからの給電に対応しており、もし携帯用充電器を忘れたとしても、手持ちのスマホからバッテリーを充電できます。

 

Wi-Fi WALKER WIMAX2+ HWD15には、2.4インチのカラータッチパネルが搭載されています。通信モードの切り替えや設定がタッチ操作のみで行えるため、ルーターに慣れていない方でも使いやすいのがポイントです。

 

サイズは縦が10.4cm、横6.4cm、幅が14.9cmとやや大きめですが、重量は140gほどのため、持ち運びに苦労することもありません。スマホ給電対応など、他のルーターより優れている面も多いため、外出先でネットに接続する機会が多い方なら、このルーターを候補に入れてみると良いでしょう。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11(wimax)の特徴について

Wi-Fi WALKER WIMAX2+NAD11は、非常にコンパクトなサイズが特徴のルーターです。カラーはホワイト・ブラック・レッドの3種類があり、好みに応じて選べます。スタイリッシュで非常にシンプルなデザインのため、一見するとルーターに思えない点もポイントです。ルーターのデザインにこだわりたい方は候補になるかと思います。

 

気になるサイズですが、縦が10.9cm、横6.5cmとほぼ名刺サイズであるのに加え、厚みが8.2mmしかなく、wimax用ルーターの中でも特にコンパクトで薄型設計になっています。重量も約81gしかありませんので、ポケットに入れて持ち運ぶことも難しくありません。かさばらず、気軽に持ち運べる点がWi-Fi WALKER WIMAX2+NAD11最大の特徴といって良いでしょう。

 

通信モードはノーリミットモード(wimax)とハイスピードモード(wimax2+)の2種類になっています。ハイスピードモードなら最大110Mbpsの通信が可能です。ただし、220Mbpsの通信が可能なキャリアアグリケーションや、auの4G LTEには対応していませんので注意しましょう。専用アプリを使えばスマホから通信モードの切り替えをできます。

 

非常に小さいサイズのため、かさばるのが嫌な方や手軽に持ち運べるルーターをお探しの方におすすめです。機能もコンパクトにまとまっていますので、余分な機能が不要な方にも向いているでしょう。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14(wimax)の特徴について

Wi-Fi WALKER WIMAX2+ HWD14は様々な充電方式に対応したwimaxルーターです。一般的なwimaxのルーターは、クレードルあるいはUSBによる充電にのみ対応しています。しかし、Wi-Fi WALKER WIMAX2+ HWD14はUSBからの充電のほか、スマホ給電とワイヤレス充電(Qi)を利用できるのが特徴です。

 

充電方法が豊富なため、利用シーンに合わせて充電できるのが魅力と言えます。例えば家ではUSB充電を行い、外出先ではスマホからの給電など、色々な方法を選べます。また、端末を手元に置きつつ、ワイヤレス充電するのも良いでしょう。フル充電から最大9.5時間の連続通信が可能なため、バッテリーの持ちの良さも特徴です。

 

本体には2.4インチのカラータッチパネルが採用されていますので、ルーターに慣れていない方でも簡単に操作できます。約5秒のクイック起動にも対応しており、すぐオン・オフを切り替えできることから、バッテリーの節約も容易です。通信を行わない時はオフにしておいても、使う際にすぐ起動できるのがポイントと言えるでしょう。

 

通信モードは3種類に対応しており、wimaxとwimax2+以外にau4G LTE回線を利用可能です。auの4G LTEは対応エリア内に限られますが、電波状況に応じてwimax回線と切り替えて使うことも難しくありません。特に外出先で使う機会の多い方なら、通信モードの多さがメリットとなるでしょう。

WIMAX2+ルーターの料金プラン

UQ Flatツープラスギガ放題の特徴について

UQ Flatツープラスギガは、wimax2の通信量上限を気にせず使えるプランです。通信量の上限が特に設定されていませんので、気軽にネットを利用できるのが強みと言えます。通信速度は下りが最大220Mbpsになっていますので、光回線並の高速通信を利用できます。料金を抑えつつ高速な通信を利用したい、容量を気にせずネットを楽しみたい、などの場合には、UQ FLatツープラスギガが有力な選択肢となるでしょう。

 

一般的なwimax2+は、1ヶ月あたり7GBという通信量の上限が設けられています。これを超えると速度制限が発生してしまい、翌月まで回線速度が遅くなってしまう点がデメリットです。人によっては、7GBじゃ物足りないと感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

UQ FLatツープラスギガは7GBの制限が無く、それを上回っても速度制限は発生しません。このため、上限を気にしないで済むことが大きなメリットになります。普段から動画の視聴などを楽しんでいる方なら、快適にネットを楽しめるかと思います。

 

ただし、速度制限がいっさい無い訳ではなく、直近の3日間で3GBの上限を超えると翌日速度制限が発生します。3日間の合計が3GBを下回れば解除されますが、1日何時間も動画を観るときなどは注意しましょう。また、UQ FLatツープラスより若干月額料金が高いため、1ヶ月の通信量が7GBに満たない方は割高になる可能性もあります。1ヶ月の通信量を確認してから契約するのが良いでしょう。

 

UQ Flatツープラスの特徴について

UQ Flatツープラスは、手頃な料金で下り最大220Mbpsのwimax2を利用できるプランです。特に月額料金を抑えつつネットを利用したい方なら、かなり魅力的なプランと言えるのではないでしょうか。月間通信量が少ない方にとっても、通信費を節約できる可能性があります。

 

UQ Flatツープラスで注意しておきたいのは、1ヶ月あたり7GBというデータ通信量上限が定められている点です。この上限、あるいは3日で3GBの通信量を超えると、速度制限が発生してしまう場合があります。ただし、UQ Flatツープラスギガと月単位でプランを変更できますので、もし7GBで足りないと感じたらプランを変えてみると良いでしょう。逆にUQ Flatツープラスへのプラン変更もできます。

 

一方で月額料金は安くなっており、普段はブログや各種SNSのチェック、メールの送受信、ネットサーフィンの利用がメインの方なら大きなメリットを受けられます。例えばネットで動画を視聴する機会が少なかったり、たまにファイルサイズの大きなアプリのダウンロードをする程度なら、まず候補になるプランと言えます。

 

UQ Flatツープラスギガのように使い放題とはいきませんが、その分月額料金が抑えられています。ひとまずwimaxを使ってみたい場合は、UQ Flatツープラスから始めてみるのも良いでしょう。低料金で下り最大220Mbpsの高速なデータ通信を利用できるのが強みです。

WiMAXとWiMAX2+の違いは?

UQコミュニケーションズが提供するサービスがwimaxです。ご存じの方も多いと思いますが、実はwimaxとwimax2+の2種類の回線を提供しています。いずれも同社が提供する回線ですが、いったい何が違うのでしょうか?実は様々な違いがあります。

 

まず異なる点が回線速度です。wimax2+は下りが最大220Mbpsと、光回線並に速い回線速度が大きな特徴となっています。あくまで理論上ですが、Wi-Fiで高速通信を利用できるのが魅力です。ただし、端末やエリアによっては最大110Mbpsとなります。

 

一方のwimaxは、下り最大13.3Mbpsと、wimax2+よりも通信速度が遅めです。しかし、それでもADSL並の上限速度になっていますので、使い方次第では全く問題ないと言えます。例えばブログやSNSの巡回、メールの確認などであれば、wimaxを利用する方法もおすすめです。

 

また、速度制限の有無も異なります。wimax2+は3日で3GB、あるいは1ヶ月で7GBの通信量を超えると、速度制限が適用されます。しかしwimaxは速度制限がいっさい無く、1日に何GB使っても問題ありません。

 

wimaxは回線速度が遅いものの速度制限なし、wimax2+は通信速度が光回線並である一方、使いすぎると速度制限が発生する可能性があります。いずれも一長一短ですが、状況に応じて使い分けると良いでしょう。いずれも端末側で切り替えられますので、使い分けは簡単にできます。

 

WIMAX2を申し込むならネット代理店がおすすめ記事一覧

モバイルwifiルーターを契約したいけどメリットデメリットを知りたいと思っていると思います。もちろん良い面もあれば悪い面もあります。ここではモバイルwifiルーターのメリットやデメリット、口コミについてわかりやすく説明していきます。
SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターは端末の価格が手ごろで、好きな事業者(MVNO)のSIMカードを利用できます。汎用性が高く、一台で複数のMVNOを使い分けることも可能です。この点が大きなメリットとも言えますが、他にも様々な利点が存在します。SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターでもっとも大きいメリットが、通信料金を大幅に削減できる点です。一般には格安SIMを利用する方が多く、端末を購入す...
海外へ渡航した際、ネックになるのがネット環境です。海外ローミングを利用できる場合もありますが、料金面や対応エリアなど様々な制約が付くため、あまり良い選択とは言えません。そのため、別途ポケットWi-Fiを契約・レンタルして海外へ持って方法が一般的になっています。海外にポケットWi-Fiを持って行くメリットは、現地ですぐにネットを利用できる点です。日本を発つ前に機器を設定しておけば、後は特に設定変更の...
ワイモバイル(旧イーモバイル)は、古くからモバイル通信サービスを提供している事業者です。モバイルWi-Fiルーターの「Pocket Wi-Fi」シリーズを提供しているため、名前をご存じの方も多いかと思います。ワイモバイルはサービスエリアの広さが魅力的ですが、Wi-Fiルーターの評判はどうなのでしょうか?使いやすいのか気になっている方もいるかと思います。ワイモバイルの主力であるPocket Wi-F...
ドコモと聞くと、スマホやタブレットを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、実はモバイルWi-Fiルーターと回線サービスも提供しており、ネット上には様々な口コミがあります。ルーターは複数の選択肢がありますが、使い勝手はどうなのでしょうか?ドコモのモバイルWi-Fiルーターでもっとも多い評判は、通信速度と安定性に関するものです。特に繋がりやすい・回線速度が安定している、といった好意的な口コ...
wimaxのルーターの中には、auのLTE回線を利用できるものがあります。しかし、auも独自にモバイルWi-Fiルーターを提供しており、利用者数も決して少なくありません。ただ、他社と比べて評判がどうなのか、気になる方もいるのではないかと思います。auのWi-Fiルーターの評判は良いのか悪いのか、一体どちらでしょうか?まずネット上の口コミ・評判でよく見かけるのが利用可能エリアの広さです。auのLTE...
特徴あるテレビCMでお馴染みのソフトバンクは、単独でデータ通信サービスを提供しています。モバイルWi-Fiルーターは複数の中から選べるようになっており、ネット上には様々な口コミがあります。ただ、評判が気になる方も多いと思いますので、他社と比較してから決めるのも良いでしょう。ソフトバンクのモバイルWi-Fiルーターの口コミでも、特に多いのが料金の安さです。ドコモやau、その他モバイル回線事業者と比較...