引っ越し料金が安い月・日にち・時期を徹底解説!

引っ越しをしようと思っていても、費用がかかるのでできるだけ安い時期はないだろうかと思っているのではないでしょうか。

 

まずは通常期(1、2月〜5〜12月)、繁忙期(3,4月)の平均引っ越し料金を見てみましょう。

 

 

 

繁簡指数というものがある

引っ越しの繁忙期といえば、多くの人が移動する春先をイメージすると思いますが、繁簡指数があってそれを参考にして安い時期を狙うと言うのもよいでしょう。

 

基準としては、6月から7月の第2週と、9月から12月の第2週までを100として、数値が小さくなるほど引っ越しの数が減っていくので割引の率も大きくなります。

 

1月や2月は30〜40前後なのですが、3月20日から4月5日の春の移動の時期にはこの指数が1000を超えるほどなので、割引どころか割り増し料金を取られてしまいます。

 

それも2〜3割程度の割り増しではなく10〜20割り増しという数字になる可能性もあるので、どうしても春先の忙しい時期に引っ越しをしなくてはいけないなら見積もりを必ず取る、時期がいつでもいいならなるべく閑散期を狙うようにするとよいでしょう。

 

また、なるべくよい日取りを探していて大安や仏滅などもカレンダーを見ながら考えるのではないでしょうか。

 

 

よい日とされている大安も人気がありますので、価格を抑えたいと思うのであればなるべくこの日も避けておいたほうが無難です。


 

繁忙期と閑散期、そして選ぶ日取りによってはかなり引っ越し費用に雲泥の差が出てきます。

 

何かと引っ越しは物入りですから、少しでも節約して起きたいと思うのであれば、引っ越し時期もきちんとチェックしておきましょう。

 

下記のページは安くなる時期はいつなのか月別で解説しております。

引っ越し料金が安い月・日にち・時期を徹底解説!記事一覧

1月は、1年の中でも引っ越し業者への依頼が少なくなる閑散期として知られています。業者の方も一件でも多く依頼が欲しい時期ですから、こちらの要望を聞き入れてもらいやすい時期ですし、キャンペーンなどを多く行っている可能性が考えられます。ちなみに1月ならいつでも引っ越し料金が安くなるというわけではないので注意しましょう。日にちによっては料金が高くなる日があるのです。具体的にはお正月などの年始の時期や、1週...
春から新しい学校や職場で新しい生活をする人が引っ越しを検討し始めるのが2月です。3月に比べれば引っ越し料金は安いものの、全体の平均からすれば2月の引っ越し料金も高いと言えます。月別・家族タイプ別引っ越し料金比較表通常期(1、2月〜5〜12月)、繁忙期(3,4月)の平均引っ越し料金の表を記載しておきます。学校や仕事の関係上土日や月末は特に高くなります。理由は・・・1、合格通知、採用通知が出るのが月末...
3月の引っ越し料金。気になる方も多いと思います。他の月と比べてどうなのでしょうか。また、高くなる日はあるのでしょうか。3月の引っ越し料金は、1年で最も高い時期にあたります。月別・家族タイプ別引っ越し料金比較表通常期(1、2月〜5〜12月)、繁忙期(3,4月)の平均引っ越し料金の表を記載しておきます。一番安い月の倍以上ということもあります。3月上旬から下旬を通じて、学生の入学や卒業にあわせ、引っ越し...
4月は新年度が始まる時期ですよね。大学進学や就職、新しい職場への転勤などでこれまで慣れ親しんだ環境から新しい環境へと生活が大きく変化する時です。新生活の始まりに間に合うように引越しをする人が多いので、3月と4月は引越し業者も繁盛期となります。4月は他の月と比べて引っ越し料金に変動があるかどうかですが、繁盛期なので年間で見てもかなり高めになる傾向があります。他の月とそう変わらないだろうと思って4月に...
5月は、一年の中でも引っ越し料金が安い時期です。転勤や新入学などの影響で、引っ越し業者の繁忙期となる3月から4月と比較すれば、確実に低料金になっています。春に引っ越しをするつもりなら、5月まで待つのもアリです。しかし、一つだけ気を付けなければいけないのは、4月下旬から始まる大型連休のゴールデンウィークです。長期休暇を取ることができるゴールデンウィークには、引っ越しを考える人も多くいます。長いと1週...
閑散期は幾つかあげられますが、6月の引っ越し料金は繁忙期に比べれば2〜3割程度安くなっています。月別・家族タイプ別引っ越し料金比較表通常期(1、2月〜5〜12月)、繁忙期(3,4月)の平均引っ越し料金の表を記載しておきます。交渉しだいでは4割近く下げることも可能な場合もあります。見積もりを複数の会社で取ることでも安くなる可能性はありますし、平日などなるべく空いている時間を狙うようにすれば、割引の相...
7月は他の月と比べて引っ越し料金は安くなる傾向にあります。学校の長期休み前でもあり、会社で休みを取る人が少ないのが理由です。比較的安い料金で引っ越しができますが高くなってしまう日もあります。いつなのかを検討してみましょう。1、土日と祝日2、7月後半の学校が長期休みに入る日以後それぞれ詳しく考えていきましょう。土日と祝日誰もが動きやすい日は利用者が増加する為に料金が高くなります。作業内容は同じである...
引っ越しをする際には、引っ越し業者の選定がかなり大事です。業者によって、サービス内容や料金体系が大きく異なります。なるべく安く済ませたいと考えている人が多いでしょう。また、同じ引っ越し業者であっても、予約をする時期によって、料金に差が出て来来ます。そのため、時期も慎重に選ぶ必要があります。8月に引っ越しを検討している場合には、お盆の時期と重なることあるでしょう。その場合には、引っ越し料金がやや高く...
9月は他の月と比べて比較的料金が安い傾向にあります。土日、祝日など利用者が急増する日程を避ければ全ての月の平均的な料金と言えます。引っ越しをするのならば良い時期なのです。9月の引っ越し料金が比較的安い理由をいくつか検討してみましょう。引っ越す人が少ない為、需要と供給の関係で料金が安くなるから利用する人と業者のトラック稼働台数で料金が決まります。9月は引っ越しの需要が少なくなる時期です。利用する人が...
10月は引っ越し料金が他の月と比べて料金が安いです。引っ越しシーズンを言われる時期から外れているため、引っ越し業者も人員確保がしやすく、スケジュールの融通も効きやすいからです。また引っ越しをする人が少ないため、他の業者とのお客さんの取り合い合戦をするため、料金も年間で最安値くらいで引き受けてくれやすいという理由もあります。しかし、引っ越し料金は各社独自の料金設定を採用しているので、見積もりによって...
引っ越し業界における繁忙期は「3月」ですが、「11月は閑散期」です。3月は引っ越し希望者が多い時期で業界全体が活気づきますが、11月は引っ越し希望者の数が少なく業界全体が活気を無くしてしまう時期です。繁忙期には引っ越し業者も強気に出ることが出来るため、「通常よりも料金設定を高くする」ことで大きな利益を得ます。これは、市場のニーズ自体が多いので価格競争をする必要が無く、出来る限り大きな利益を得ても顧...
年間を通じて引っ越し業者の仕事件数が少なくなるのが、12月と1月といった冬のシーズンです。12月に引っ越すときの注意点ですが、できるなら冬休みシーズンに入る前に済ませておいた方がいいということです。12月の下旬から年末にかけては引越し業者にとっては第二の繁盛期となるからです。子供も冬休みで、会社も長い休みに入っている時期に引っ越しをしておきたいと考える人が多いので、駆け込み需要が多くなるんですね。...