旧居を少しでも明け渡しの状態をよくする理由について

 

今まで住んできた住居を退去するにあたって、掃除をすべきかどうかとよく言われますが、した方が間違いなくいいでしょう。

 

特に賃貸物件で暮らしてきた人は掃除をしてきれいにした方が良いですし、一種のエチケットにもなります。

 

また実利の面でもメリットがあります。賃貸の場合、忘れてはいけないものとして敷金の存在があるからです。

 

敷金は家賃滞納した時や部屋を傷つけた時の弁償費用のために使う、いわば保証金のようなものです。

 

もし部屋をきれいに使っていれば、敷金を使う必要がなくなり、部屋を借りていた人にお金が戻ってきます。

 

部屋を出ていく時に掃除してきれいにしておけば、大家さんや管理会社の心証もよくなります。

 

通常借主が出て行ったら、ハウスクリーニングなどが入って部屋をきれいにします。部屋が汚れていたり傷ついていたりしなくても、日焼けなどの経年劣化があります。

 

経年劣化は借りている人の過失ではないので、この修理費用を請求されることはないです。

 

このハウスクリーニングが入るにあたって、汚れていると「これはきっと傷がついているに違いない」とか「これだけ汚れているとキズが隠されているはずだ」といった感じでより細かく部屋の中をチェックされます。

 

結果過失による汚れや傷を多く見つけられて、敷金の返還額が少なくなる恐れがあります。あらさがしのようになってしまうのです。

 

私は何度か引越しをした経験がありますが、掃除機をかけてフローリングの床であれば床ぶきなど最低限のことはしているつもりです。

 

そのおかげで敷金は全額ではないですが、毎回返してもらっています。今までお世話になった物件ですから、立つ鳥跡を濁さずのようにきれいにするのが礼儀だと思いましょう。

営業電話がかかってこない!「SUUMO引っ越し見積もりサイト」

 

リクルートグループのSUUMO引っ越し見積もりサイトは、電話番号入力が任意なので

 

業者からの営業電話が一切かかってきません。

 

しつこい電話に悩まされなくて済みます。

 

複数会社へ一括見積もり依頼ができ、見積もりシュミレーションで各社の金額比較もカンタン。

 

気になった業者にだけ見積もり依頼できるのがいいですね^^

 

1分程度でおわります。

 

 

営業電話一切なし!「SUUMOの無料引っ越し見積もり」

旧居を少しでも明け渡しの状態をよくする理由について関連ページ

家賃の二重払い(ダブル家賃)を防ごう
家賃の二重払い(ダブル家賃)を防ごう
新しい部屋の採寸はいつできるのか?
入居前にしておきたいのが新居の寸法です。
引っ越し前後の4つの注意点。
引っ越し前後の注意点をまとめました。
引っ越しする際、持ち家の場合はどう処理すれば良いのか。
引っ越しする際、持ち家の場合はどう処理すれば良いのか。
引っ越しするときは旧居の床たたみ壁のきれいに掃除しよう
敷金を少しでも多く返還してもらうために旧居の床たたみ壁のきれいに掃除する方法
引っ越しするときは旧居のトイレ風呂をきれいに掃除しよう
敷金を少しでも多く返還してもらうために旧居のトイレ風呂をきれいに掃除する方法
引っ越しするときは旧居のキッチンをきれいに掃除しよう
敷金を少しでも多く返還してもらうために旧居のキッチンをきれいに掃除しよう
引っ越しするときは旧居の窓ガラスをきれいに掃除しよう
引っ越しするときは旧居の窓ガラスをきれいに掃除しよう