旧居の床たたみ壁のきれいに掃除する方法

 

退去するときに旧居の掃除はした方が良く、その中でも床や壁の掃除はしっかり行うべきです。

 

面積が広いので、こちらがきれいになっているかどうかで部屋全体の印象を大きく左右するからです。

 

まずフローリングの床の物件が多いと思います。フローリングの場合、まず掃除機をかけてホコリを取り除きます。

 

そのうえで硬く絞ったぞうきんを使って拭き掃除をしましょう。この時絞りが甘いと床が湿ってしまって、逆にダメージを与えることになりかねません。

 

また濡れたところにホコリが付着して、ゴミがどんどんたまってしまうデメリットもあります。

 

和室で畳の場合には、まず畳の目に沿って掃除機をかけましょう。

 

そしてぞうきんがけを行うのですが、この時水ではなく熱めのお湯を使うのがポイントです。お湯には油分を溶かす働きがあるので、油汚れをしっかりと落せるからです。

 

壁の掃除のポイントですが、自分の部屋の壁の材質をまずは確認することです。材質によって、掃除のやり方も変わってくるからです。

 

おそらく一般的な日本の家屋の場合、ビニールクロスの使われているケースが多いと思います。

 

この場合、掃除機を壁に当てて、ほこりを吸い取っていきましょう。そしてぞうきんがけをするのですが、水に家庭用の中性洗剤を5%に希釈したものを使うと汚れをきれいに落とせます。

 

拭き掃除というよりも叩くようなイメージですると良いでしょう。

 

ただし以上の方法で掃除をすると、材質によっては壁に変色を引き起こし逆に敷金が返ってこなくなるかもしれません。

 

そこで目立たない個所でパッチテストを行い変色しないかどうか試してみると良いでしょう。

 

仕事などをしていると全部掃除するのは難しいかもしれません。しかしできる範囲で行えば、大家さんの心証も確実に変わると思います。

 

営業電話がかかってこない!「SUUMO引っ越し見積もりサイト」

 

リクルートグループのSUUMO引っ越し見積もりサイトは、電話番号入力が任意なので

 

業者からの営業電話が一切かかってきません。

 

しつこい電話に悩まされなくて済みます。

 

複数会社へ一括見積もり依頼ができ、見積もりシュミレーションで各社の金額比較もカンタン。

 

気になった業者にだけ見積もり依頼できるのがいいですね^^

 

1分程度でおわります。

 

 

営業電話一切なし!「SUUMOの無料引っ越し見積もり」

引っ越しするときは旧居の床たたみ壁のきれいに掃除しよう関連ページ

家賃の二重払い(ダブル家賃)を防ごう
家賃の二重払い(ダブル家賃)を防ごう
新しい部屋の採寸はいつできるのか?
入居前にしておきたいのが新居の寸法です。
引っ越し前後の4つの注意点。
引っ越し前後の注意点をまとめました。
引っ越しする際、持ち家の場合はどう処理すれば良いのか。
引っ越しする際、持ち家の場合はどう処理すれば良いのか。
旧居を少しでも明け渡しの状態をよくする理由について
敷金を少しでも多く返還してもらうために旧居を少しでも明け渡しの状態をよくしよう
引っ越しするときは旧居のトイレ風呂をきれいに掃除しよう
敷金を少しでも多く返還してもらうために旧居のトイレ風呂をきれいに掃除する方法
引っ越しするときは旧居のキッチンをきれいに掃除しよう
敷金を少しでも多く返還してもらうために旧居のキッチンをきれいに掃除しよう
引っ越しするときは旧居の窓ガラスをきれいに掃除しよう
引っ越しするときは旧居の窓ガラスをきれいに掃除しよう