妊娠中に引っ越しするするときは産前か産後どちらがいい?

 

私は独身なので経験がないですが、夫婦で暮らしている家庭の中には引越しするときに妻が妊娠したというケースもあるかもしれません。

 

この場合、妊娠中の方が産後に引越しをするよりもいろいろな面で負担は軽減されるでしょう。

 

産後に引越しをする場合、いくつかネックになるポイントがあるからです。

 

産後に引越しをするとなると、赤ちゃんの面倒を見なければなりません。

 

おむつを取り替えないといけないでしょうし、何時間かおきに授乳もしなければならなくなります。そうなると奥さんがほとんど引越しの作業ができなくなって、旦那さんが一手に負担を背負う形になるでしょう。

 

また搬出入の作業も大変になります。たとえばベビーベッドをはじめとした赤ちゃん関係の荷物が増えるため、荷物の運び出しに時間がかかりますし、量が多くなる分料金もかさんでしまいます。

 

さらに出産をした後だと、例えば児童手当の支給手続きのような役所関係で済ませないといけないことも多くなります。

 

このように考えると煩雑さから、妊娠中に引越しを済ませてしまった方が後々楽といえます。

 

ただし妊娠中の引越しも決しておすすめというわけではありません。「引越し流産」という言葉があるのですが、過度に引越しの際にストレスがかかってそれが赤ちゃんの心身面に悪影響を及ぼす可能性もあります。

 

どうしても妊娠中に引越しをするのであれば、安定期に入ったタイミングで準備を始めると良いです。

 

また引越しをしたらできるだけ早く荷解きをして、荷物の整理を進めた方が良いと思います。

 

赤ちゃんが動き始めるようになったときに荷物がダンボールの積み重なった状態になっていると、それにぶつかって予期せぬ大事故につながる可能性もあるからです。

営業電話がかかってこない!「SUUMO引っ越し見積もりサイト」

 

リクルートグループのSUUMO引っ越し見積もりサイトは、電話番号入力が任意なので

 

業者からの営業電話が一切かかってきません。

 

しつこい電話に悩まされなくて済みます。

 

複数会社へ一括見積もり依頼ができ、見積もりシュミレーションで各社の金額比較もカンタン。

 

気になった業者にだけ見積もり依頼できるのがいいですね^^

 

1分程度でおわります。

 

 

営業電話一切なし!「SUUMOの無料引っ越し見積もり」

妊娠中に引っ越しするするときは産前か産後どちらがいい?関連ページ

旧居の明け渡しと鍵の返却の流れについて
旧居の明け渡しと鍵の返却の流れについて
敷金返還のトラブルを避けるにはどうすればよいかについて
敷金返還のトラブルを避けるにはどうすればよいかについて
新居の下見で確認しておきたいこと
新居の下見で確認しておきたいこと
引っ越し先で家庭用家電が使えないこともあるの?
引っ越し先で家庭用家電が使えないこともあるの?
近所へのあいさつ回りは引っ越ししてからいつまでにすればいい?粗品は何がいいの?
近所へのあいさつ回りは引っ越ししてからいつまでにすればいい?粗品は何がいいの?
海外へ引っ越すときの手続きについて
海外へ引っ越すときの手続きについて