SIMフリーのモバイルルーターのメリット・デメリット

SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターは端末の価格が手ごろで、好きな事業者(MVNO)のSIMカードを利用できます。汎用性が高く、一台で複数のMVNOを使い分けることも可能です。この点が大きなメリットとも言えますが、他にも様々な利点が存在します。

 

SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターでもっとも大きいメリットが、通信料金を大幅に削減できる点です。一般には格安SIMを利用する方が多く、端末を購入すれば、以後は月額数百円からネットに接続できるようになります。光回線やモバイル回線事業者は、月々3千円〜5千円程度かかる場合も珍しくないため、コストパフォーマンスは非常に優れています。

 

また、新しいネット環境を構築したい方にも向いています。ルーター本体とSIMカードがあればネットに接続できますので、サブ回線にするのも良いでしょう。例えば自宅では光回線、外出先ではモバイルWi-Fiルーターのような使い分けが可能になります。外出時に家電量販店でSIMカードを購入すれば、すぐ利用できる点もメリットです。

 

反面、ルーター本体を持ち歩かないとネットが利用できないことと、バッテリー管理が必要になることの2点がデメリットとなります。特にバッテリーの持ちは端末ごとの差が大きく、利用環境によっては数時間で充電が切れてしまいます。こまめに電源を切る方法も考えられますが、常時接続状態にしたい場合は、別途充電器を持ち歩くなどの対策が必要となるでしょう。

SIMフリーのモバイルルーターの特徴は?

スマートフォンはSIMフリーが一般的になっています。MVNOとSIMフリースマホを利用すれば、月々の携帯料金を大幅に削減できる点が魅力です。モバイルWi-Fiルーターも、これらMVNOに対応したSIMフリーの端末が出回っています。でも、通常のルーターと何が違うのでしょうか?

 

まずSIMフリーのモバイルWi-Fiルーター最大の特徴とも言えるのが、回線事業者の契約がいっさい無いという点でしょう。例えばUQ Wimaxやワイモバイルなど、モバイル回線事業者は様々ありますが、いずれも対応した専用のWi-Fiルーターが必要になります。もし別の事業者へ乗り換えた場合、ルーター本体も買い換えなくてはいけないのです。

 

一方、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターの場合、MVNOのSIMカードを利用できますので、カードのサイズ(microSIMなど)が合っていれば、事業者を問わずに使えます。例えばDMM mobileと楽天モバイルは別々の事業者ですが、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターなら1台で両方を利用できます。そのため、乗り換えの際に機種を買い換える必要もありません。

 

SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターは回線契約自体がありませんので、自分の好きな事業者を選べます。ただし、回線を同時契約する一般的なモバイルWi-Fiルーターとは違い、単体では利用できないので注意しましょう。また、端末によって無線LANの規格が異なるので確認が必要です。

SIMフリーのモバイルルーターのメリット・デメリット関連ページ

モバイルwifiルーターは外出先でも役に立ち、固定回線の代わりにもなる優れもの
モバイルWi-Fiルーターの利用を検討中の方も多いかと思います。どこでもネットに繋げるのが魅力で、端末価格や各種SIMカードの安さもあり、非常に魅力的な選択肢と言えるでしょう。ただし、モバイルWi-Fiルーターは様々なメリットがある一方で、デメリットもあるので注意が必要です。
海外にポケットwifiを持っていくメリット・デメリットについて
ワイモバイルのWi-Fiルーターの評判・口コミについて
ドコモのモバイルWi-Fiルーターの評判・口コミについて
auのモバイルのWi-Fiルーターの評判・口コミについて
ソフトバンクのWi-Fiルーターの評判・口コミについて