単身で一人暮らしの引っ越し料金の計算の仕方

単身で一人暮らしをする場合でも、大勢で引っ越しをする場合でも計算方法はほとんど同じです。

 

荷物をできる限り減らして繁忙期を避ければ安く引っ越しができるのです。

 

料金が決まる方法をいくつか検討してみましょう。

 

現在地から転居先までの移動距離

移動する距離が短ければ燃料や人件費を削減でき、トラックを使用する時間も少なくなるのですから料金は安くなります。距離が長くなれば拘束時間が長くなり料金が高くなります。

 

利用するトラックの大きさ

利用するトラックが小さいのなら料金は安くなります。単身世帯であれば小さい自動車を利用することになるのですから基本料金以外に請求されることはないと言って良いです。

 

荷物の量にも比例する作業員の数

荷物が多くなれば作業員を増やさなければいけないので料金は高くなります。依頼者も一緒に作業をすれば作業員を依頼しなくても良くなります。できる限り協力すると良いです。

 

引っ越しをする日程が繁忙期にないか

誰もが引っ越しをする時期は基本料金の他に料金が加算されることになります。平日で利用者が少ない時期に引っ越すことができれば加算されることはありません。

 

基本料金は最低限度のサービスを利用できるのです。

 

できるだ基本料金の中に収まるようにする為には、必要最低限度の家具にすることも重要なことです。

 

量を減らして平日など業者が忙しくない時に引っ越すことで安く抑えることができます。

 

 

 

営業電話がかかってこない!「SUUMO引っ越し見積もりサイト」

 

リクルートグループのSUUMO引っ越し見積もりサイトは、電話番号入力が任意なので

 

業者からの営業電話が一切かかってきません。

 

しつこい電話に悩まされなくて済みます。

 

複数会社へ一括見積もり依頼ができ、見積もりシュミレーションで各社の金額比較もカンタン。

 

気になった業者にだけ見積もり依頼できるのがいいですね^^

 

1分程度でおわります。

 

 

営業電話一切なし!「SUUMOの無料引っ越し見積もり」

単身で一人暮らしの引っ越し料金の計算の仕方関連ページ

二人暮らしの引っ越し料金の計算の仕方
単純に一人暮らしの引っ越し料金を二倍すればよいかというと、そうではないことがほとんどです。
三人家族の引っ越し料金の計算の仕方
三人家族が引っ越しをするには物が溢れていることが多いので、基本料金以外にオプション料金がかかります。
四人家族引っ越し料金の計算の仕方
「単身・県内(50km程度)」であれば3万円程度が費用相場となっていますが、移動距離が200kmを超えるとおおよそ倍の料金(約6万円)が相場です。